病気予防に欠かせない人間ドックの診察内容を紹介します

胃カメラは超重要です

人間ドックの中で一番、大切な検査は胃カメラです。初めての人はきついかもしれませんが、食道、胃、十二指腸までを視覚的に検査してくれます。この検査で分かるのは、逆流性食道炎、ポリープ、胃潰瘍、ピロリ菌、癌です。何もなければ良いですが、悪性のポリープや、ピロリ菌が原因の炎症が発見されたら、胃がんの早期発見と予防に繋がります。逆流性食道炎も過食やアルコールの過剰摂取が原因なので生活習慣を改めるきっかけになります。

エコー検査で五臓六腑を調べましょう

エコー検査とは超音波を腹部に当て、内臓を立体的にモニターにプロットする検査方法です。主要な内臓をすべて見ますので、癌や結石も発見されます。この検査の特徴は医師と一緒にモニターを見ながら症状を解説してくれるという点です。自分の内臓を見る機会はありませんので、内臓の位置や形などを知る貴重な経験になります。検査には苦痛を伴いませんのでリラックスして臨むようにしましょう。この検査も疾患の早期発見が期待できます。

血液検査ですべてが分かります

血液検査は体中の状態が分かります。コレステロール値やガンマ値などが有名ですよね。また、この検査では癌も分かります。この検査の本当の目的は、生活習慣の見直しを図るための情報を取得するという事です。血液がドロドロであれば、原因を突き止め食事を改善しなければいけません。ガンマ値が異常であればアルコールを控える必要があります。他にも多くの情報を血液は提供してくれますので、人間ドックでオプションメニューになっていたら是非、本メニューに加えてください。

身体の異変は早めに発見しておくことで、治療が簡単になる傾向にあります。もし、精密な人間ドックを横浜で受けたいのなら、專門の医療機関を訪れてみると良いです。