有名人のふなっしーとははたして実態は何なのか?

ぬいぐるみでしか姿を現さない

ふなっしーがマスコミに登場したのは2013年ごろからとされています。一時は実態が掴めないために小動物のような感じに思えていたものです。登場するごとにその元気いっぱいの姿で動き回り、周囲を笑いの渦に巻き込んでいたものです。どちらかというとその大きさゆえにおっさん声でなくわりと高めの声でもって親しみやすさも備えていて安心感も与えてくれました。あの動きを始終やること自体が信じられないぐらいの元気さで驚きでもありました。

このキャラクターはどういうものか

このマスコットキャラクターは千葉県船橋市に住む梨の妖精という設定になっているらしいのです。2011年11月に地元名産の梨をもとに市民の1人が個人的に始めたゆるキャラだったようなのです。当初は役所に売り込むも受け入れられなかった経緯があるらしいのですが、地元でのイベントなどに自主的に参加するようになって行くうちに次第に話題に上るようになったとされています。2013年にCMに出演したのを皮切りに一気に人気者になったようです。しかし市からの公認はもらってないようです。

その活動の活発なこと

まるで動きは小動物で飛び跳ねたり叫んだりと常に元気いっぱいの姿を見せてくれるのでこちらにも元気ももらえます。タレントや歌手として、あるいは声優としても活躍しているようです。身長は90センチ、体重は35キロといいますから大きなやせ形の大人が体を折り曲げてぬいぐるみとして中へ入って動いているのかとも想像しますが少し無理もあり、実態はいまだわかっていません。言葉じりになっしーを連発するところといい、怪我をすることなくあまり周囲の見えない状況の中で活発に活動するところなどから判断してそれでバレることなく来ているというのは一面立派でもあります。外国でも表れて話題になったこともあり、どうやって海を渡ったのか不思議な面も持っています。

山本英俊は競馬の馬主として有名ですが、パチンコの卸し業務を行う会社の代表取締役として活躍をしています。