びっくり!ふるさと納税って、こんなにお得です!

ふるさと納税の基本的なしくみ

ふるさと納税って、聞いたことありますか?最近話題になっていますが、要するに個人が自治体へ行う寄附のことです。個人が自治体に対して、2,000円を超える寄附を行うと、住民税のおよそ2割程度が還付・控除される制度のことです。当初、1割程度だった還付・控除額が2割になりましたし、給与所得者の場合、条件によっては確定申告が不要になり、手続きが簡単になっています。自己負担額2,000円で、地方の特産品が手に入ると言う、お得な精度です。

ふるさと納税で注意しなくてはいけないことは?

勘違いしている人がいるかもしれませんが、ふるさと納税自体は、節税になるようなものではありません。あくまでも払った寄附金よりも、還付・控除される金額のほうが少ないですから、2,000円かそれ以上の自己負担があります。ただ、たったの2,000円で地方の特産物が手に入るところが、ふるさと納税のいいところです。節税や税金を減らしたいということであれば、ふるさと納税は、やってもメリットがありません。他の方法を考えたほうがいいです。

ふるさと納税の特徴とは?

ふるさと納税の特徴としては、地方の特産品がもらえることはよく知られています。これ以外にも、自治体は生まれ故郷でなくても、行った事が無いような地方でも寄附をできること、寄附金の使い道を自分で指定できること、複数の自治体へ寄附できること、税金が控除・還付されることなどがあります。お礼の品は、全国の自治体の特産品ですから、味や品質は太鼓判を押されたようなもので、自治体自信の一品であることが多いです。欲しいものを探して、ふるさと納税してみましょう。

ふるさと納税を知っていますか?例えばあなたが「この町を応援したい」と選んだ好きな自治体に二千壱円以上寄附すると、住民税の負担が軽くなります。その上お礼や特典として寄附した先の特産品等がもらえます。