知って便利!LED照明を長持ちさせるポイント

LED照明利用の基本!温度管理の大切さ

照明装置の中で、新たに登場してきたのがLED照明です。この照明装置は、従来の白熱電球や蛍光灯に代わるものとして注目を集めています。長寿命であるのが魅力的であるものの、それも扱い方次第です。LED照明を長持ちさせるには、温度管理に気を配った方がいいでしょう。LED素子は熱に弱い性質を持っています。そのため、熱がこもりやすい場所では本来の使用可能時間を縮めることになるため、使うのは控えた方がいいかもしれません。

電子回路を保護!LED照明の振動への対策

LED素子を発光させるため、LED照明には電子回路も組み込まれています。LED素子自身の耐久性は高いものの、その他の電子部品は必ずしもそうではありません。振動が強い場所でLED照明を使うケースでは、電子部品に悪影響を及ぼすでしょう。そのため、LED照明の故障が生じることが可能性としてあります。設置する場合によっては、LED照明に伝わる振動を抑えるために、ゴムなどで制振することも必要となってきます。

安定電源で長持ち!LED照明への安定電力の供給

照明装置の多くは、電気によって発光させるタイプのものです。LED照明においても、電力の供給は不可欠でしょう。その電力は、できるだけ規定どおりの安定したものでなければなりません。LED照明に組み込まれた電子回路により安定化は行われてはいます。しかし、電力の質次第では、LED照明の劣化は通常よりも早まるでしょう。できるだけ安定した電力を、LED照明装置に送り込むことで、本来の長時間点灯を可能にします。

LEDライトパネルは光熱費を抑えることができますので、経費を大幅に節約して利益率アップを実現します。