うつ病の症状はどのように治療していくの?

うつ病の症状は段階を踏んでよくなることが多い

うつ病になると、イライラしやすくなったり、不安感や死にたい気分にさいなまれたりします。薬などを飲んで治療していくと、次第にイライラや不安感が取れていき、さまざまなものに興味が持てるようになってきます。最終的には、生きる喜びや生きがいが感じられるようになり、随分よくなったのがわかるようになります。大体3ヶ月ぐらい経てば、だいぶ憂うつな気持ちなども改善されてくるでしょう。ですから、うつ病になってしまっても、あまり心配する必要はありません。

うつ病の初期には急性期治療をすることになる

急性期治療を経ていけば、嫌な症状がほぼなくなってきます。ただし、まだ社会復帰は無理な場合が多く、寛解状態になるには時間がかかります。おそらく、その症状は波がありますが、次第に改善されてきます。薬を飲んでも時々憂うつ感が出ることもありますが、続けて治療をしていくことでよくなっていくでしょう。もし、症状が寛解しても、すぐには働きに出ない方がいいです。症状がまた出てくることがあるからです。症状がなくなるまでに、約半年ぐらいかかってしまう人もいます。

その後の持続療法や維持療法について

うつ病の治療は、その後も続けていくことが必要です。治療を続けて半年ぐらいまでは、持続療法をしていくことになるでしょう。これによって、症状が再燃するのを防いでいくのです。その後、再燃が起こらなくなったら、復職を考えて実行していってもいいのです。完全にうつ病になる前の状態に戻れば、回復したという言葉を使うこともできます。しかし、回復後も症状が再び出ないように注意する必要があります。一年以上の月日が経過すれば、維持療法をしていくことでうつ病を治療します。

うつ病の症状と聞くとどのようなことを思い浮かべますか?私が一番大きく感じた症状は無気力、無関心です。何事にも無気力、無関心になっていきます。